コラム

マーケティングのジレンマ・・・No.15-B レットオーシャンばかりの市場の中で、ブルーオーシャンを開拓した企業

掲載URL:https://www.linkedin.com/pulse/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%9Eno15%E3%83%BCb-%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%81%B0%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%81%AE%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%A7%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%92%E9%96%8B%E6%8B%93%E3%81%97%E3%81%9F%E4%BC%81%E6%A5%AD-mitsuo-sakai-%E9%85%92%E4%BA%95%E5%85%89%E9%9B%84/

コラム リンクドイン

市場規模に対して企業数が多すぎ、また参入障壁が低い業界ほど、市場はレッドオーシャン化する。外食産業がその典型だ。だが店内飲食(イートイン)以外の方法で、新たな提供方法を生み出した企業はまだ限られている。競争する場所を変えられないか、ぜひ考えなおしてみよう。

熾烈な競争の中で、ブルーオーシャンを開拓した企業がある

競争が激化する日本の市場で、独自にブルーオーシャン市場を創造した企業も存在する。

例えばタイムズ24(パーク24の100%出資会社)が展開する貸し駐車場の「タイムズ24」やカーシェアにいち早く取組んだ「タイムズカープラス」がある。またメルカリ、QBハウス、リクルートマーケティングパートナーズが生み出したスタディアプリ(旧受験サプリ)、オフィスグリコなども、皆が気付かずにいた新市場を生み出した。

ブルーオーシャンを見つけて成功する企業が登場すると、それを真似て参入する企業が必ず現れる。競合企業が参入しても、模倣できない独自の仕組みを備えていれば、その企業は競争優位性を発揮できる。だが参入障壁が低いと、その市場はたちまちレッドオーシャンに転落してしまう。数少ないブルーオーシャンで成功するには、真似されない仕組みをつくり、先行優位性を発揮することに尽きる。

ここで読者は気づいて欲しい。先行優位性を発揮する具体的な方法は、どんなテキストにもその答は記されていないことだ。真似されない仕組みをつくるには、自分たちが「摸倣」せず、独自にその答えを考え抜くしかない。これが難しい・・・