コラム

マーケティングのジレンマ・・・・No.25 成功者の口癖

掲載URL:https://www.linkedin.com/pulse/%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%9Eno25-%E6%88%90%E5%8A%9F%E8%80%85%E3%81%AE%E5%8F%A3%E7%99%96-mitsuo-sakai-%E9%85%92%E4%BA%95%E5%85%89%E9%9B%84/

コラム リンクドイン

誰もがその言葉の価値を理解しているのに、実際に口にする人が限られている言葉があります。成功者はその言葉を口癖にして、運を呼び込んでいるようです。

誰もがその言葉の価値を理解しているのに、使う人が限られている言葉

それはとてもシンプルな言葉です。誰でもその言葉を使うことはありますが、意外なことに口癖にしている人は非常に限られます。親しくなるほど相手に使う頻度が落ち、配偶者間では稀な人も多くなります。また面識のない人に対して、口癖として使う人も限られます。

●レストランで飲み物や料理をスタッフに運んでもらった時

●飛行機の機内でCAに何か依頼して、それを叶えてもらった時

●宅急便の人が荷物を届けてくれた時

●部下が手助けしてくれた時

●妻や夫が何か自分のためにしてくれた時

●エレベーターで降りる際に、先に出るように促してもらった時

こんな時、この言葉を毎回口に出せる人は、間違いなく人から大事にされ、結果的に成功する人になる確率が高くなります。

もうわかったでしょう。

その口癖は、「どうもありがとう」「ありがとうございます」という相手に感謝を表す言葉です。

な~んだと思ったら、ぜひ自分も含めて、人を観察してみてください。

この言葉を口癖にしている人は、ごく一部の人しかいないことに気づくはずです。そしてこの言葉を口癖にしている人は、人々から親切にされていることがわかるでしょう。

人に親切にされたら、成功の確率は高くなります。

成功者とは、人を大事にし、人から親切にされる人なんです。