コラム

価値のジレンマ・・・・No.14 Amazon本社ビルの玄関に、絶滅したアイスベアが展示されている理由

掲載URL:https://www.linkedin.com/pulse/%E4%BE%A1%E5%80%A4%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%9Eno15-amazon%E6%9C%AC%E7%A4%BE%E3%83%93%E3%83%AB%E3%81%AE%E7%8E%84%E9%96%A2%E3%81%AB%E7%B5%B6%E6%BB%85%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%99%E3%82%A2%E3%81%8C%E5%B1%95%E7%A4%BA%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E7%90%86%E7%94%B1-mitsuo-sakai-%E9%85%92%E4%BA%95%E5%85%89%E9%9B%84/

コラム リンクドイン

ジェフ・ベゾスは企業の寿命30年説を肯定し、“Amazonも環境変化に適応した企業体質にならないと絶滅する”という教訓を見える化するために展示されています。

ベゾスは企業の寿命30年説を肯定し、“Amazonも環境変化に適応した企業体質にならないと絶滅する”という教訓を見える化するモノ

Amazon本社ビルの玄関には、北極熊が登場する以前に地球上から絶滅した「アイスベア」の骨格標本が展示されています。この標本はかつてAmazonマーケットプレイスに出品された骨格標本を、ジェフ・ベゾスが自費で購入したものです。ベゾスは企業の寿命30年説を肯定し、アマゾンもその例外ではないと発言していますが、“Amazonも環境変化に適応した企業体質にならないと絶滅する”という教訓を見える化するために展示されています。

しかしアメリカで※S&P500を構成している企業の平均寿命を見ると、30年どころかわずか20年に過ぎません。人間が働ける時間よりも、企業の寿命は遥かに短いのです。

会社だけに依存せず経済的に自立できる力を持つことが、私たちには何よりも必要だという教訓といえます。

※S&P500は、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスにより算出され、ニューヨーク証券取引所(NYSE Arca、NYSE Amex)、NASDAQに上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を浮動株調整後の時価総額比率で加重平均し、指数化したもの。