コラム

価値のジレンマ・・・・No.16 トヨタ自動車の研究開発費の2.5倍、2兆5000億円を投資している企業がある!?

掲載URL:https://www.linkedin.com/pulse/%E4%BE%A1%E5%80%A4%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%9Eno17-amazon%E3%81%8C%E4%B8%8A%E5%A0%B4%E3%81%97%E3%81%9F1997%E5%B9%B4%E3%81%AB%E6%A0%AA%E4%B8%BB%E3%81%AB%E9%80%81%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%89%8B%E7%B4%99%E3%81%AF2020%E5%B9%B4%E3%81%A8%E5%90%8C%E3%81%98%E6%96%87%E9%9D%A2%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F-%E9%85%92%E4%BA%95%E5%85%89%E9%9B%84/

コラム リンクドイン

Amazonは研究開発費として2兆5000億円を投資し、この規模はトヨタ自動車の研究開発費の2.5倍に相当します。Amazonの営業利益率が2.3%に過ぎない理由がここにあります。

Amazonの営業利益率が2.3%に過ぎないわけ

1997年の上場時に、誰もが知るAmazonの創業者から株主に送られた手紙の抜粋です。

『わたしたちは果敢に先行投資をします。そうすれば市場のリーダーになり、安く仕入れができるようになり、より多くの顧客を呼び込むことができます。そして一時期を超えれば、その投資に対するリターンが発生し、当然、利益を上げられるサイクルに入り、最終的に株主の価値の向上に繋がっていきます。ただし私たちは株主の利益向上のためには働きません。私たちは顧客の利益を最大化させるために働きます』

株主への手紙は2020年にも送られましたが、その時の文面もこの内容と変わりはありませんでした。手紙の送り主はAmazonの創業者ジェフ・ベゾスです。

Amazonは利益を無視して果敢な先行投資を仕掛けることで知られ、キャッシュフロー経営を行い、プロフィット(利益)をさほど追求してきませんでした。世界の時価総額トップ5のGoogle、Apple、Facebook、Amazon、Microsoftのうち、Amazonを除く4社の営業利益率は25%以に上りますが、Amazonは2.3%に過ぎません。

そのわけは研究開発に膨大な費用を投資しているからです。ちなみに2017年度にAmazonは研究開発費として2兆5000億円を投資していますが、この金額規模はトヨタ自動車の研究開発費の2.5倍に相当しています。

 

参考資料:中部産業連盟プログレス2021年7月号

    :不況を乗り切るマーケティング図鑑(プレジデント社)