コラム

給与をもらうことを当たり前と思わず、年俸に見合う成果を仕事で出せる人

個人のブランド力(セルフブランディング)向上のために取組むステップ・・・その4

掲載URL:https://www.linkedin.com/pulse/%E7%B5%A6%E4%B8%8E%E3%82%92%E3%82%82%E3%82%89%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%92%E5%BD%93%E3%81%9F%E3%82%8A%E5%89%8D%E3%81%A8%E6%80%9D%E3%82%8F%E3%81%9A%E5%B9%B4%E4%BF%B8%E3%81%AB%E8%A6%8B%E5%90%88%E3%81%86%E6%88%90%E6%9E%9C%E3%82%92%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%A7%E5%87%BA%E3%81%9B%E3%82%8B%E4%BA%BA-%E5%85%89%E9%9B%84-%E9%85%92%E4%BA%95/

コラム リンクドイン

企業から給与をもらって仕事をするビジネスパーソン(給与所得者)は、長年働いていると給与をもらうことを当たり前に感じてしまう。じつはここに大きな落とし穴が潜んでいる。

https://www.linkedin.com/pulse/%E7%B5%A6%E4%B8%8E%E3%82%92%E3%82%82%E3%82%89%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%92%E5%BD%93%E3%81%9F%E3%82%8A%E5%89%8D%E3%81%A8%E6%80%9D%E3%82%8F%E3%81%9A%E5%B9%B4%E4%BF%B8%E3%81%AB%E8%A6%8B%E5%90%88%E3%81%86%E6%88%90%E6%9E%9C%E3%82%92%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%A7%E5%87%BA%E3%81%9B%E3%82%8B%E4%BA%BA-%E5%85%89%E9%9B%84-%E9%85%92%E4%BA%95/

 

 

給与をもらうことを当たり前と思わず、年俸に見合う成果を仕事で出せる人

<個人のブランド力(セルフブランディング)向上のために取組むステップ・・・その4>

給与という体系で仕事をする給与所得者は、長年働いていると給与をもらうことを当たり前に感じてしまうことがある。自分の仕事の成果が、給与に反映されていないと考える人もいる。

だが仮に年収が700万円の人材を雇用している場合、企業は社会保険料などを含めておよそ1.5倍の1,050万円のコストが必要だ。年俸が700万円の人なら2,100万円以上の営業粗利益を稼ぎ出すことが必要になる。

こうした前提を意識して仕事に取組み、成果を出している人なら、どこでも通用する能力を発揮していることになり、間違いなく個人のブランド力も高くなる。

 

起業家やフリーランスのプロフェッショナルは仕事に向き合う真剣さが違う

事業を起こした起業家やプロフェッショナルの人たちは、毎回真剣勝負だ。初めての仕事で成果が認められなければ、彼らには二度目の仕事は訪れない。安定的な売上と収益を上げる仕組みを生み出さなければ、経営者や代表として給与は手に入らない可能性もある。だから自身の年俸に相応しい収益を企業にもたらせるように働く。

だから真剣さが違う。

転職者が仕事を探す折に、前年年俸を基準に仕事を探す人がいる。だがその多くは自身が希望する年俸に対して、どれだけの成果を企業にもたらず必要があるかを知らずにいる。

中高年層の転職者が好条件の再就職先が見つけられない理由は、ここにある。

個人のブランド力(セルフブランディング)が高い人とは、自身の年俸に対して、期待されている利益を捻出できる力を持つことが大前提だ。